スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書館戦争 革命のつばさ」初夏公開

「図書館戦争 革命のつばさ」初夏公開
2012年初夏に公開される劇場版『図書館戦争』の正式タイトルが、『図書館戦争 革命のつばさ』であることが明らかにされた。2月9日に角川映画が2012年のラインナップを発表、『図書館戦争 革命のつばさ』はその中の一本となっている。
 角川映画は、2012年には3月17日公開の『ストライクウィッチーズ 劇場版』、4月21日公開の『ももへの手紙』、『花の詩女 ゴティックメード』、そしてこの『図書館戦争 革命のつばさ』を配給する。ここ数年、劇場アニメの注目が高まっているが、角川映画も積極的に劇場アニメに取り組んでいく。

 『図書館戦争』は、『植物図鑑』や『フリーター、家を買う。』などで人気の作家・有川浩さんが執筆する。本屋大賞や星雲賞などでの受賞もある。これまで小説のシリーズ化だけでなく、マンガ版の刊行やテレビアニメの制作も行われている。
 テレビアニメ版はプロダクションI.Gが制作を行っている。今回もアニメ制作はプロダクションI.Gで、監督は浜名孝行さん、脚本古怒田健志さん、キャラクター原案に徒花スクモさんと、テレビシリーズと同様の布陣で臨む。

 『図書館戦争 革命のつばさ』の舞台は2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる「メディア良化法」が成立した30年後の世界だ。主人公・笠原郁が所属する図書隊。それは行き過ぎた検閲から良書を守るための組織。不器用でありながらも愚直に頑張る情熱から、エリート部隊・図書特殊部隊に配属された笠原郁は、本と自由を守るため、メディア良化委員会に立ち向かう。
 『図書館戦争 革命のつばさ』の劇場前売鑑賞券は、3月より当該劇場で販売が開始される。前売特典なども後日公式サイトで公開予定である。また、2月10日発売のニュータイプ3月号には、劇場情報の詳細が掲載される。

『図書館戦争』
http://www.kadokawa.co.jp/toshokan-sensou/
 原作: 有川浩
 監督: 浜名孝行
 脚本: 古怒田健志
 キャラクター原案: 徒花スクモ
 アニメーション制作: プロダクション I.G
スポンサーサイト

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。