FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国アカデミー賞VFX部門の選考対象に15作品リストアップ

第84回米国アカデミー賞
米国の映画芸術科学アカデミーは、2011年公開映画を対象とする第84回アカデミー賞のVFX部門(Achievement in Visual Effects)の選考対象となる15作品を発表した。このリストは作品のなかの視覚効果を対象にしたもので、CGを初めとする映像技術などを評価するものだ。
 今回のリストは、最優秀作品を決めるための第一歩、ノミネートのさらに前の段階にあたる。挙げられた15作品を、一月初めにまず10作品に絞り込む。さらに1月24日にそこからノミネート作品が決定、最終的には2月26日の授賞式にて最優秀賞が発表される。

 4段階にもわたる選考の第一歩ではあるが、作品数が多いだけに逆にアカデミーがどういった作品を評価するのかも分かり興味深い。
 ひとつ目立つのは、やはりSF映画、スーパーヒーローものの強さだ。スーパーヒーローは、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『マイティ・ソー』、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』がある。こうした作品は派手なアクションシーンが多く、VFXが見栄えするからと考えられる。
 また、『ハリーポッターと死の秘宝 part2』、『ミッション:インポッシブル4』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』、『猿の惑星:創世記』、『シャーロック・ホームズ2』、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とシリーズものが多いのも特徴である。人気が高いシリーズ作品は、より多くの制作資金が投入され、VFXにも予算がかけられていることが影響してそうだ。

 アカデミー賞は作品重視の選考のため、作品賞や監督賞などのノミネートには以外に地味な作品が多い。そうしたなかでVFX賞は、派手な映像ときらびやかさなハリウッド映画らしさをアピールする部門となっている。

第84回米国アカデミー賞 http://www.oscars.org/ 

VFX部門(Achievement in Visual Effects)の選考対象となる15作品

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
『カウボーイ&エイリアン』
『ハリーポッターと死の秘宝 part2』
『Hugo』
『ミッション:インポッシブル4』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
『リアル・スティール』
『猿の惑星:創世記』
『シャーロック・ホームズ2』
『エンジェル ウォーズ』
『SUPER 8/スーパーエイト』
『マイティ・ソー』
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
『ツリー・オブ・ライフ』"
『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』
スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。