スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のアカデミー賞作品賞の現時点での最有力候補1位!スピルバーグ監督の『戦火の馬』と米映画批評家たちが予想

来年のアカデミー賞作品賞の現時点での最有力候補1位!スピルバーグ監督の『戦火の馬』と米映画批評家たちが予想
メリカのエンターテインメント・サイトが早くも来年のアカデミー賞候補を挙げ始め、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『戦火の馬』が現時点で作品賞の最有力候補となっている。
ゴールドダービー.comは批評家や業界関係者、サイトの編集者およびユーザーの投票で作品賞や主演男優賞などの予想を発表。1位は業界関係者と編集者の票が最も多かったスピルバーグ監督の『戦火の馬』だった。2位はレオナルド・ディカプリオの映画『ジェイ・エドガー (原題)/ J. Edgar』で、こちらは関係者票が1位よりも少なかったものの、ユーザー票が『戦火の馬』を上回っている。3位は予想外のヒットとなった映画『ザ・ヘルプ(原題)/ The Help』。

 監督賞の予想1位はスピルバーグ監督、2位は『ジェイ・エドガー (原題)』のクリント・イーストウッド、3位は『ザ・ディセンダンツ(原題) / The Descendants』のアレキサンダー・ペイン。主演男優賞ではレオナルド・ディカプリオがかなりの差をつけて1位となっており、初の受賞に期待がかかる。『戦火の馬』も『J・エドガー (原題)』もアメリカでまだ封切られておらず、全米公開後に順位が入れ替わる可能性は高い。日本では『J・エドガー (原題)』が来年1月28日に公開されるため、こちらはアカデミー賞発表前に鑑賞することができそうだ。『戦火の馬』は2012年3月日本公開予定。
スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。