スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ウー監督、最新作の主演は本木雅弘でロケ地は鹿児島?

レッドⅡ


[シネマトゥデイ映画ニュース]TOHOシネマズ日劇にて映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』の初日舞台あいさつが開催され、ジョン・ウー監督が舞台あいさつを行った。ジョン・ウー監督は本シリーズのために、これまで合計7回来日しており、この日の舞台あいさつはプロモーションの終着点。ついにスクリーンで開戦する“赤壁の戦い”の火ぶたが、監督自らの手によって切って落とされた。

 昨年から何と550媒体もの取材を受け、作品をPRしてきたジョン・ウー監督は、特に印象に残った取材を振り返り「福岡で小学生二人から取材を受けました。彼らはわざわざ鹿児島からやって来たそうで、いつか鹿児島で映画を撮ってくださいと言ってくれました」と優しい笑顔でコメント。いつか鹿児島で映画を撮りたいとし、ほのぼのしたエピソードに客席は温かな雰囲気に包まれた。

 また最近、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』を観て感動したそうで、「今一番敬意を抱いている映画監督は、滝田洋二郎さん。いつか、本木雅弘さんと仕事をしてみたい」と話題の日本人俳優にラブコールを送っていた。

 『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』は圧倒的な劣勢に立たされた周瑜(トニー・レオン)、孔明(金城武)らが起死回生の奇策で大逆転を起こす歴史スペクタクル。前作の映画『レッドクリフ Part I』は、日本で興行収入が50億円を超える大ヒットを記録しており、その続編にあたる本作がどこまで成績を伸ばすのか注目を集めている。

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』は全国公開中
スポンサーサイト

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。