スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー、「ナルニア国物語」第3弾制作から撤退

【12月25日 AFP】ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は24日、C・S・ルイス(C.S. Lewis)の小説を映画化した大ヒットファンタジーシリーズ「ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia)」の第3弾制作には参加しないことを明らかにした。  ディズニーは、同シリーズ前2作をウォルデン・メディア(Walden Media)とともに制作したが、第3弾『The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader(朝びらき丸 東の海へ)』では制作も資金提供も行わないという。  芸能情報紙ハリウッド・レポーター(Hollywood Reporter)は、予算および事業計画上の不一致が理由だと報じている。  第3弾のクランクインは2009年初頭、公開は2010年に予定されていた。前2作は、世界で約11億ドル(約1000億円)の興行収入を上げている。  ハリウッド・レポーターによれば、今回のディズニーの決定は、「ロード・オブ・ザ・リング(Lord of the Rings)」や「ハリー・ポッター(Harry Potter)」の大ヒットに続いた、ファンタジー小説の映画化に対する映画会社の関心が失われつつあることを示しているという。(c)AFP
スポンサーサイト

ミラーズ 2008年12月26日公開予定

ミラーズ.jpg
解説: 悲しい過去を持つ元警官が、鏡にまつわる恐怖劇に立ち向かう戦慄(せんりつ)のサスペンス・ホラー。監督は『ハイテンション』のフランス人監督アレクサンドル・アジャ。テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアー役でおなじみのキーファー・サザーランドが出演を熱望し、主人公の元警官を演じている。共演は『アドレナリン』のエイミー・スマート。不条理な恐怖を現実の出来事として描いた、謎が謎を呼ぶ驚がくの展開が楽しめる。(シネマトゥデイ) あらすじ: 同僚を誤って射殺し、停職処分になって以来、アルコールにおぼれ、妻のエイミー(ポーラ・パットン)や子どもからも見放されている元警官のベン(キーファー・サザーランド)。妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに寝泊りする彼は、火災に遭ったデパートの夜警の仕事中、鏡に触れたことから不可解な現象に襲われ始める。 原題:Mirrors 監督:アレクサンドル・アジャ 脚本:アレクサンドル・アジャ、グレゴリー・ルバスール 製作総指揮:アーノン・ミルチャン、キーファー・サザーランド、マーク・S・フィッシャー、アンドリュー・ホン 製作:アレクサンドラ・ミルチャン、マーク・スタンバーグ、グレゴリー・ルバスール 撮影:マキシム・アレクサンドル 音楽:ハビエル・ナバレテ 製作国:2008年アメリカ映画
ミラーズPVはこちら

続きを読む

20世紀少年 第2章 最後の希望

20世記少年2.jpg
2008年夏休みに大ヒットを記録した『20世紀少年』の続編が早くも登場する。舞台は前作のクライマックス“血の大みそか”から15年後の西暦2015年。人類を救うために立ち上がったケンヂと、その仲間たちが史上最悪のテロリストとして罪を着せられた一方、人類征服をもくろむ謎の支配者“ともだち”は世界の救世主として人々から崇められていた。そんな中、ケンヂの同級生オッチョは脱獄し、新たな戦いの準備を始めるのだった。 新預言書の中身とは? そもそも2000年、世界を恐怖に陥れた“血の大みそか”は、少年時代のケンヂたちが書いた“よげんの書”が引き金だった。謎の支配者にしてテロリストである“ともだち”はケンヂたちの幼なじみである可能性が極めて高いのだ。そして今作で新たに発見されたのが、その名も“しんよげんの書”。そこには2015年、正義のために立ち上がった救世主が暗殺されると記されていた。一体、誰が何のために書いたのか? 果たして救世主とは誰なのか? 本作の最重要人物といえば主人公ケンヂのめいっ子、カンナだ。高校生に成長した彼女がケンヂの遺志を受け継ぎ、謎の支配者“ともだち”の真相に迫ろうと洗脳施設“ともだちランド”に潜入する。原作読者の間でも特に人気の高いカンナを演じるのが平愛梨。今回「これでダメなら引退」の覚悟(!)で臨んだオーディションで約3,000人の中から選ばれたシンデレラガール。運命の子、そして最後の希望であるカンナを演じる平の活躍にこうご期待 2009年1月31日公開 監督:堤幸彦 主演:豊川悦司
20世紀少年 第2章 最後の希望PVはこちら

続きを読む

ターミネーター4 

ターミネーター4.jpg
ストーリー 2018年。地球上のあらゆる都市が「審判の日(ジャッジメント・デイ)」に核攻撃を受け、荒廃した世界。開発者の手から離れ、完全に覚醒した人工知能コンピューター「スカイネット」は、いよいよ人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようとしていた。一方、「審判の日」を生き延びレジスタンスのリーダーとなったジョン・コナーは、マーカス・ライトという謎の男と出会う。どうやらマーカスは未来か過去かも分からない「別の時代」からタイムスリップしてきたらしいが、彼はジョンと出会う以前の記憶をなくしていた。ジョンはその出会いが彼の未来、すなわち母サラが警告していた未来を書き換えたとは知らないまま、マーカスと行動を共にすることになる。人類と機械の戦いが最終戦争に向け熾烈さを増していくなか、ジョンとマーカスはついに「スカイネット」の核心にたどり着く。だが、そこで彼らを待ち受けていたのは、かつてジョンを抹殺すべく過去にターミネーターを送り込んだ黒幕の正体、そして人類全ての未来に関わる驚愕の真実だった…。 [編集] キャスト ジョン・コナー: クリスチャン・ベール マーカス・ライト: サム・ワージントン カイル・リース: アントン・イェルチン ケイト・コナー: ブライス・ダラス・ハワード ブレア・ウィリアムズ: ムーン・ブラッドグッド バーンズ: コモン セリーナ・コーゲン: ヘレナ・ボナム・カーター T-800: ローランド・キッキンガー [編集] スタッフ 監督: McG(マックジー) 製作: デレク・アンダーソン / ヴィクター・キュビチェク / ジェフリー・シルヴァー / モリッツ・ボーマン 原案: ジョン・D・ブランケート / マイケル・フェリス / デヴィッド・キャンベル・ウィルソン 脚本: ポール・ハギス / ショーン・ライアン / ジョナサン・ノーラン
ターミネーター4 予告編PVはこちら

続きを読む

『チェ 28歳の革命』

チェの革命.jpg
医者として旅をしながら貧者を助けようとしたチェ・ゲバラは、フィデル・カストロとの運命的な出会いによって、自らの人生の矛先を変える。それは、たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀な闘い・・・。何故、チェは20世紀最大のカリスマとなったのか。ほとばしる情熱のヒロイズム!本気で世界を変えようとした男の熱き<生>がここにある! 今なお、たった一枚の写真で人の心に革命を起こす男、チェ・ゲバラ。20世紀最大のカリスマの美しき39年を描く“生”と“死”の2部作!『トラフィック』でアカデミー賞監督賞&助演男優賞を受賞したスティーヴン・ソダーバーグとベネチオ・デル・トロが再びタッグを組み、20世紀最大のカリスマ:チェ・ゲバラのドラマティックな生き様を、2部作・総上映時間4時間22分で描く超大作。 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ロドリゴ・サントロ 他 共同配給:ギャガ・コミュニケーションズ×日活 powered by ヒューマックスシネマ 『チェ 28歳の革命』 『チェ 39歳 別れの手紙』 2009年新春 日劇PLEX他にて<2つのチェ・ゲバラ>連続ロードショー
『チェ 28歳の革命』予告編PVはこちら

続きを読む

第59回ベルリン国際映画祭

【12月15日 AFP】2009年2月に開催される第59回ベルリン国際映画祭(Berlin Film Festival)の出品作の一部が12日、発表された。ハリウッド(Hollywood)の大物スター、ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)、スティーヴ・マーティン(Steve Martin)、ジュード・ロウ(Jude Law)、クライヴ・オーウェン(Clive Owen)らの新作がずらりと並んでいる。  オープニング作品は、オーウェンとナオミ・ワッツ(Naomi Watts)が共演したトム・ティクヴァ(Tom Tykwer)監督のサスペンス『The International』。  ウィンスレット出演作『The Reader(原題)』は、ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンク(Bernhard Schlink)氏のベストセラー小説『朗読者』を映画化したもの。ウィンスレットは戦後のドイツで過去を捨てて生きる元ナチスの強制収容所看守役を演じる。1月に発表される第66回ゴールデングローブ賞(Golden Globe Awards)の作品賞にノミネートされているが、ベルリンではコンペ外出品作として上映される。  マーティンは「ピンクパンサー(Pink Panther)」シリーズのリメイク第2弾『ピンクパンサー2(Pink Panther II)』に、クルーゾー警部役で出演。この作品もコンペ外部門に出品される。 『オルランド(Orlando)』の英監督サリー・ポッター(Sally Potter)は、ニューヨークのファッション業界を舞台にしたブラックコメディ『Rage』を出品。ジュード・ロウ、ジュディ・デンチ(Judi Dench)、ダイアン・ウィースト(Dianne Wiest)、スティーヴ・ブシェミ(Steve Buscemi)の豪華キャストで金熊(Golden Bear)賞を狙う。  脚本家アーサー・ミラー(Arthur Miller)の娘で、俳優ダニエル・デイ・ルイス(Daniel Day-Lewis)の妻でもある女優兼監督レベッカ・ミラー(Rebecca Miller)は、自身のデビュー小説『The Private Lives of Pippa Lee』を映画化した作品を出品。キャストにはロビン・ライト・ペン(Robin Wright Penn)、キアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)、ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)らが名を連ねる。 『さらば、わが愛/覇王別姫(Farewell My Concubine)』でカンヌ国際映画祭のパルム・ドール(Palme d'Or)を獲得した中国のチェン・カイコー(Chen Kaige)は『花の生涯~梅蘭芳(メイランファン)~(Forever Enthralled)』を出品する。京劇の名優、梅蘭芳をレオン・ライ(Leon Lai)が演じる。  第二次世界大戦中の北アフリカを舞台にした戦争映画『デイズ・オブ・グローリー(Indigenes)』で知られるラシッド・ブシャール(Rachid Bouchareb)監督は、2005年にロンドン(London)で起こった公共交通機関の爆破事件を舞台にした作品『London River』を出品する。主演はブレンダ・ブレシン(Brenda Blethyn)。  そのほか、ギリシャのテオ・アンゲロプロス(Theo Angelopoulos)監督による、ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)主演の『The Dust of Time』、ドイツのMaren Ade監督のラブストーリー『Alle Anderen』なども上映される。  さらに、『アイム・ノット・ゼア(I'm Not There)』の脚本を手掛けたオーレン・ムーヴァーマン(Oren Moverman)の監督デビュー作『The Messenger』も出品される。出演は、ベン・フォスター(Ben Foster)、ウディ・ハレルソン(Woody Harrelson)、サマンサ・モートン(Samantha Morton)など。  第59回ベルリン国際映画祭は2月5日から15日まで開催される。(c)AFP

特命係長只野仁 最後の劇場版

只野仁.jpg
■イントロダクション 2003年7月にテレビ朝日系でシリーズ第1弾が放映されて以来、熱狂的なファンを増やし続け、2008年2月放送のスペシャルでは『只野仁』シリーズ初となる視聴率20%超えを達成!今作が待望の初映画化となった。柳沢きみおの同名コミックを原作に、昼間はさえない窓際係長、しかし夜は特命を受け、悪を倒す無敵のヒーローとして活躍する男の物語が展開する。主人公の只野仁を体当たりで演じるのはテレビシリーズ同様、高橋克典。櫻井淳子、永井大ら、レギュラーキャストも登場する。只野を振り回すアイドル・シルビア役に“オシリーナ”の愛称で人気のグラビアアイドル・秋山莉奈、シルビアのマネージャーでありクールな魅力で只野を翻弄するエミ役に西川史子、電王堂大阪支社の社員で只野と共にトラブル解決にあたる山西裕一役に赤井英和と、非常に豪華で、良い意味で“濃い”メンツが揃い、ストーリーに一層の厚みを増している。 ■ストーリー 大手広告代理店・電王堂の総務二課係長、只野仁(高橋克典)。普段はまったくうだつの上がらないダメ社員だが、その裏には社内外のトラブルを秘密裏に解決する『特命係長』というもう一つの顔があった。黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野は、電王堂が手掛ける“フラワー・アース・フェスタ2008”のメインキャラクターを務めるグラビアアイドル、シルビア(秋山莉奈)の護衛と身辺調査を頼まれる。“暗黒王子”と名乗る謎の人物から脅迫を受けている彼女は、只野の活躍で大けがを負いそうになる危機を回避するが、もし彼女の身に何か起きれば、電王堂にとっても大きなダメージとなることは必至。只野はイベントの責任者である電王堂大阪支社の山西(赤井英和)をサポートしつつ、パートナーの森脇(永井大)と共にさっそく調査を開始する…。 ■STAFF & CAST 監督: 植田 尚 出演: 高橋克典/櫻井淳子/永井大 蛯原友里/田山涼成/秋山莉奈 西川史子/赤井英和/三浦理恵子 ほか ■公開日 2008年12月6日(土)より、全国ロードショー 【公式ホームページ】 http://www.tadano-movie.com/ ■配給 松竹
特命係長只野仁 最後の劇場版PVはこちら

続きを読む

成宮寛貴&水嶋ヒロが不良に! 品川祐監督「ドロップ」公開日決定

ドロップ.jpg
品川庄司の品川祐が、自身の小説を映画化した「ドロップ」の公開が09年3月20日(金・祝)に決定した。原作はコミック化もされ累計で250万部に及ぶベストセラーになり、全国の若者から絶大な支持を得ている。  脱・へタレを目指すヒロシ役に若手演技派の成宮寛貴。ヒロシが憧れ、越えようとするカリスマである達也役に知的なルックスで人気の水嶋ヒロ。人気・実力共にトップクラスである両者が、初の不良役を大熱演している。  また本仮屋ユイカ、上地雄輔、中越典子の他、吉本興業所属芸人も多数出演し、映画監督・品川ヒロシが作り出した熱いドロップワールドを盛り上げる。 「ドロップ」主題歌 湘南乃風「親友(とも)よ」に決定! 2008.12.02 「ドロップ」の主題歌に、人気絶頂のグループ?湘南乃風?が書下ろし主題歌を提供することが決定いたしました!! 今回のコラボレーションは、「いつか一緒に仕事を!」という品川ヒロシ監督と、湘南乃風の思いから実現しました。 書下ろし主題歌「親友(とも)よ」は、撮影前段階から、湘南乃風が脚本を読み、撮影と同時進行するかたちで作られました。主題歌のテーマは【友情と成長】。成宮・水嶋両氏が演じる不良少年らの成長が描かれるラスト・シーンを爽やかに、感動的に締めくくる楽曲に仕上がっています!ご期待ください!
12月6日より公式サイト内で前売り販売開始 「ドロップ」公式サイト

ワールド・オブ・ライズ

ワールドオブライズ.jpg
■イントロダクション CIA随一の工作員フェリスに扮するのは、『タイタニック』で不動の人気を獲得、その後は『ギャング・オブ・ニューヨーク」や『ディパーテッド』などで新境地を開いたレオナルド・ディカプリオ。フェリスの上司ホフマンには、『グラディエーター』でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。ハリウッドのトップに君臨する2大スターの競演を実現させたのは、『グラディエーター』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたリドリー・スコット。 『エイリアン』でヒットメーカーの地位を確立し、『ブレードランナー』で革命的映像の伝説を打ち立て、『ブラック・レイン』『ハンニバル』『アメリカン・ギャングスター』でエンタテインメントを極め、『ブラックホーク・ダウン』で戦争の真実を暴く――まさに映画界のモンスターとも言える稀代のフィルムメイカーが、今度は観る者すべてが騙される、嘘の世界を描く! ■ストーリー 世界中の情報網の中枢に潜入し、命を張るCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)。遠く離れた平和な場所から命令を下すベテラン局員エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)。生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の破壊を狙う強大な組織のリーダーを捕まえること。 正体不明のその男を罠にかけるには、味方はもちろん、ごく普通の人々さえ欺く完璧な嘘をつかなければならない。果たして世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か――? ■STAFF & CAST 監督: リドリー・スコット 出演: レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー ほか ■公開日 2008年12月20日(土)より、丸の内ピカデリー1ほか 全国ロードショー 【公式ホームページ】 http://www.world-lies.jp/ ■配給 ワーナー・ブラザース映画
ワールド・オブ・ライズPVはこちら

続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー 2009年1月9日公開

地獄から来た守護神 VS 地上界奪還を目論む反逆王子 遥か太古に人類と休戦協定を結んでいた魔界の王子が謀反を企てた。人類から地上界を奪還するため、王子は恐るべき計画を実行に移そうとする。彼が甦らせようとしている“ゴールデン・アーミー”とははたして何か? 超常現象捜査防衛局“BPRD”のスペシャル・エージェント、ヘルボーイとその仲間たちは人間界と魔界を股にかけ、激しい闘いを繰り広げることに。だが、彼らに待ち受けていたのはあまりにも過酷な試練だった。ヘルボーイたちの運命は? 人類は滅亡の道をたどるのか……? 監督;「パンズ・ラビリンス」「ホビットの冒険」 原作;マイク・ミニョーラ 出演;ロン・パールマン「ヘルボーイ」「BUNRAKU」    セルマ・ブレア    「クルーエル・インテンションズ」「ストーリーテリング」    ダグ・ジョーンズ    「ファンタスティック・フォー銀河の危機」「パンズ・ラビリンス」    ジョン・ハート「パフューム」「インディ・ジョーンズ4」    ルーク・ゴス イギリスの双子ユニット「Bros」ドラムス 配給:東宝東和 2009年1月9日(金)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

続きを読む

感染列島

感染.jpg
救命救急医・松岡剛のもとに一人の急患が運び込まれてきた。高熱、痙攣、吐血、全身感染とも言える多臓器不全…それは人類がいまだかつて遭遇したことのない感染症状であった。新型のインフルエンザか?あるいは別の新種のウィルスなのか?戦場と化した病院で従事する松岡らのもとに、WHOからメディカルオフィサー小林栄子が派遣されてきた。もしこのウィルスが国内で感染爆発した場合、3ヶ月以内に交通網・都市機能が停止、わずか半年で感染者は数千万人にものぼるという、戦災をはるかに上回る恐るべき事態が予想された…。 企画の段階でありながら、その衝撃的なストーリーが瞬く間に話題となり、20数カ国におよぶ配給オファー、ハリウッドメジャーがリメイクに意欲を示した話題作。ウィルスと人類の戦いという、深遠なテーマに真っ向から挑む。そして、新型ウィルスの感染拡大が実際の社会や人びとにどのような影響を与えるか、膨大な取材データをもとに構築したリアルシュミレーションを、映画的物語へと昇華しようとする、世界で初めての映像プロジェクトでもある。本作が、現代を生きるすべての人々に問題提起し、警笛を鳴らす衝撃作として、世界中を震撼させるであろうことは間違いない 監督・脚本 瀬々敬久 出演 妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 田中裕二 池脇千鶴 佐藤浩市 藤竜也
感染列島PVはこちら

続きを読む

地球が静止する日

地球が制止胃する日.jpg
「ウエスト・サイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」の巨匠ロバート・ワイズ監督の名作SF「地球の静止する日」(1951)のストーリーを一新し、最先端のVFXを用いて再映画化。主演はキアヌ・リーブス、共演にオスカー女優ジェニファー・コネリー、監督は「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン。ある日、未知のテクノロジーとパワーを持つ宇宙からの使者が地球に降り立つ。クラトゥと名乗る彼の目的は“地球を救う”ことで、「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」と言うが……。 「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」 宇宙からの使者が突きつける最終宣告! キアヌ・リーブス主演、SFアクション超大作 その運命の日、人類の歴史に最も衝撃的な1ページが加わろうとしていた。宇宙からの巨大な球体が世界中に出現し、ひとりの使者がニューヨークのセントラルパークに降り立ったのだ。クラトゥと名乗るその訪問者は、友好の使者なのか、それとも恐るべき侵略者なのか。未知の驚異的なテクノロジーとパワーを見せつけられた政府関係者、科学者、そして一般市民は、為す術もなく恐怖と混乱に陥れられる。そして彼らは、まさしく現実のものとなった人類存亡の危機に立ち向かっていく……。 キアヌ・リーブス ジェニファー・コネリー ジェイデン・スミス キャシー・ベイツ ジョン・ハム
地球が静止する日予告PVはこちら

続きを読む

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。