スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』7月21日全国公開

フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』が7月21日全国公開となる

フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』が7月21日全国公開となる。その前売券が、5月25日より発売になった。
『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』は、ロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』を原作にした1997年の『スターシップ・トゥルーパーズ』から始まる一大シリーズである。世界中の映像ファン、SFファン、メカファンから熱い支持を受ける。

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』は、このシリーズ4作目にあたる。これまでと同様に宇宙を舞台にした戦闘やパワードスーツなどのメカにの描写に大きな期待がかかる。
本作でとりわけ注目されるのは、映画全編にわたりCGアニメーションを採用したことだ。フルCGにしたことで、リアル感を感じさせる一方で実写では難しいSF世界を実現する。
もうひとつの話題は監督に日本のCGアニメを代表する荒牧伸志さんを起用したこと、制作も日本のCGチームが行っていることである。『APPLESEED』、『EX MACHINA』でグローバルな評価を獲得した荒牧監督のディレクションにも注目だ。
映画の前売り開始と伴に映画公式サイトでは、その注目の映像が観ることが出来る予告篇が公開された。日本が生み出したハイクオリティのCGアニメーションを確認したい。

また、海外では5月10日、米国ロサンゼルスで、「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズが15周年を記念したイベントも開催され盛り上げっている。
イベントには、主人公ジョニー・リコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーンさん、シリーズ全ての脚本を手掛け3作目では監督を務めたエド・ニューマイヤーさんほか、1作目のキャストが勢ぞろいした。『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』の特報も上映され、そのクオリティの高さに驚きの声があがった。実写と勘違いするファンも多く、エド・ニューマイヤーさんは「荒牧伸志監督は非常に才能があり、驚愕のビジュアルなりそうだ!」と称賛した。

発売の始まった前売券は、特製「戦闘防護ヘッド」型キーホルダー特典となっている。荒牧版パワードスーツのヘッドをデザインしたもので、こちらも見逃せない。

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』
7月21日(土)より新宿ピカデリー他 全国ロードショー
http://www.ssti.jp

監督: 荒牧伸志 
脚本: フリント・ディル 
プロデューサー: ジョセフ・チョウ 
ストーリー: 荒牧伸志 ジョセフ・チョウ 河田成人
製作総指揮: エドワード・ニューマイヤー、キャスパー・ヴァン・ディーン 
CGIプロデューサー: 河田成人 
音楽: 高橋哲也
提供: STAGE 6 FILMS 
制作: SOLA DIGITAL ARTS
2012年 アメリカ作品 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

映画「スノーホワイト」 

映画「スノーホワイト」 

童話「白雪姫」の物語に、色鮮やかで斬新な映像と予想外な新展開を盛りこんだことで話題のアクション・アドベンシャー映画『スノーホワイト』(6月15日(金)公開)の吹替版キャストが発表された。

グリム童話誕生から200年。培われてきた白雪姫のイメージを「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフが壮大なスケールで塗り替えた。
「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう答える。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。娘の心臓を食べれば、永遠の美と若さを手に入れ不死身となるでしょう」。7年間幽閉していた前王妃の子こそ、その娘なのだと知った女王は、彼女を殺そうと企てるが・・

“戦う白雪姫”スノーホワイト役に坂本真綾、スノーホワイトと幼馴染で彼女に思いを寄せるウィリアム王子役に浪川大輔、さらに女王の魔法の鏡であるミラーマン役は大塚明夫が担当する。

■ スノーホワイト役:坂本真綾
「(スノーホワイトは)美しさだけではなく、勇ましくて激しさを持った女性。本当の美しさとは外見のことではないのだと伝わってきました。」

■ ウィリアム王子役:浪川大輔
「これほどまでに白雪姫のイメージを変えてくれるとは!その中にしっかりと上品さも残っていて感動しました。映像も迫力があり、人間ドラマも丁寧で是非多くの人に観てもらいたいオススメの作品です!」

■ ミラーマン役:大塚明夫
「ディズニーアニメでしか白雪姫を知らない子供、そして「グリム童話なんてっ」と思っている子供、この映画はキミタチの為に生まれたのだよ。大人の世界が扉をあけて、キミタチを待っている・・・。」

他にも女王役に女優の小雪、スノーホワイトの捕縛を命じられたハンター役は俳優の椎名桔平が担当。実力派たちの声で魅せる吹替版も要チェックだ。
[岡野萌子]

『スノーホワイト』(原題;Snow White and the Huntsman)
6月15日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー
http://snowwhite-movie.jp/

[キャスト]
クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン

監督: ルパート・サンダース
脚本: エヴァン・ドアティ 
衣装デザイン: コリーン・アトウッド(『シカゴ』『SAYURI』『アリス・イン・ワンダーランド』)
配給: 東宝東和

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「ダーク・シャドウ」

「ダーク・シャドウ」

米国映画界の鬼才ティム・バートン監督、そしてハリウッドで最も魅力的な俳優ジョニー・デップ、この二人が手を組んだ最新映画『ダーク・シャドウ』が今年5月に日本にやって来る。全米公開は5月11日、そこからほとんど間を空けることなく、5月19日には日本でも丸の内ルーブル他全国ロードショーとなる。
 ふたりは1990年の『シザーハンズ』以来、『チャリーとチョコレート工場』、『スウィーニー・トッド』、『アリス・イン・ワンダーランド』と、なんとも奇妙でファンタジック、そしてコミカルな作品の数々を世に送り出してきた。『ダーク・シャドウ』は、そんなファンの期待に応えるのに十分な作品だ。

 本作のベースとなったのは、60年代にテレビ放映されていたドラマシリーズ『ダーク・シャドウズ』である。裕福な家庭に育ったにもかかわらず、魔女のアンジェ-クを振ったため、ヴァンパイアに変えられてしまったバーナバスが主人公。200年後に目覚めたバーナバスは、謎に満ちた一族の末裔たちに出会う。
 もちろんジョニー・デップが演じるのはプレーボーイのヴァンパイアのバーナバスである。実はジョニー・デップは、テレブドラマシリーズの熱狂的ファンだった。そこで自ら権利を買い付け、映画化を企画、ティム・バートン監督を招聘し現代の映画化を実現した。念願のバーナバス役だけに、その演技に注目しないわけにいかない。

 ジョニー・デップを取り囲む、共演者たちも魅力的である。バーナバスをヴァンパイアに変えてしまう魔女アンジェリーク役には『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーン起用する。コリンズ家の末裔エリザベス役はミシェル・ファイファー、精神科医ジュリア役にヘレナ・ボナム=カーターと個性豊かな俳優が並ぶ。
 これだけユニークな条件でさらに監督がティム・バートンとなれば、普通の映画になると考えるほうが不思議だろう。ティム・バートン監督とジョニー・デップの最新作、是非、押さえて置きたい。
『ダーク・シャドウ』5月19日(土)、丸の内ルーブル他全国ロードショー

あらすじ - ダーク・シャドウ

1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見えたが、それはアンジェリーク・ボーチャードを失恋させるという致命的な失敗を犯すまでのことだった。実は魔女だった彼女はバーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。彼をバンパイアに変え、生き埋めにしたのだ!……それから200年後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れた。しかしそこで目にしたのは、暗い秘密を隠して生きる落ちぶれた自分の末裔のコリンズ一家だった……!

facebookファンページ http://ja-jp.facebook.com/darkshadowjp
ワーナー・ブラザース映画配給

原題: DARK SHADOWS 
監督: ティム・バートン
[出演]
ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・モレッツ、ガリバー・マクグラス、ジャッキー・アール・ヘイリー、ビクトリア・ウィンター

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「タイタンの逆襲」4月21日公開 新たな闘いが始まる

「タイタンの逆襲」4月21日公開 新たな闘いが始まる

2010年、迫力の3D(立体視)で話題を呼んだ『タイタンの戦い』に続く作品が、2012年に早くも登場する。『タイタンの戦い』から10年後、新たに巻き起こった人間と巨神の闘争を描く『タイタンの逆襲』である。
 前作では人間と神々と戦いを最新の技術描いたが、本作ではその神々を生みだした巨神(タイタン)が敵となる。ここにゼウスやハデス、ポセイドンなどの神々も加わり、三つ巴の勢力が対立する。

 巨神は神々の前の時代に世を支配してきた一族だ。魔物たちと伴に封じ込められていた。しかし、神々の力が弱まったことで、冥界に封じ込められた巨神ゼウスやハデス、ポセイドンの父であるクロノスの覚醒が始まったことから物語は始まる。
 地上に続々と出現する魔物たち、クロノスが完全復活を遂げれば、人類は滅亡し、世界は終焉を迎える。人の心と神の力を持つペルセウスがクロノスを倒すために立ち上がる。クロノスのいる「タルタロスの牢獄」を目指す。

 本作の目玉となるのが、次々に飛び出す魔物たちだ。双頭獣キメラ、一つ目巨人サイクロプス、牛頭人身ミノタウロス、戦闘の鬼マカイなどギリシャ神話でお馴染みの魔物たちを、まるで存在するかの様に描く。さらに悠久の眠りから覚めた全長500mのクロノスも登場する。子どもの頃、ギリシャ神話に心ときめかせた人には必見だ。
 監督には、今回新たに『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマンを起用した。ペルセウスのサム・ワーシントン、ゼウス役のリーアム・ニーソン、ハデス役のレイフ・ファインズらは今回も出演する。国内公開は4月21日、丸の内ピカデリー他全国ロードショー、3Dと2Dの双方で観ることが出来る。

スタッフ
監督: ジョナサン・リーベスマン
製作: ベイジル・イヴァニク / ポリー・ジョンセン
製作総指揮: トーマス・タル / ジョン・J・ジャシュニ / ウィリアム・フェイ / カラム・マクドゥガル / ケヴィン・デラノイ / ルイ・ルテリエ
撮影: ベン・デイヴィス
美術: チャールズ・ウッド
編集: マーティン・ウォルシュ
衣装: ジェイニー・ティーマイム
視覚効果監修: ニック・デイヴィス
特殊造形監修: コナー・オサリバン
アニマトロニクス監修: ニール・コーボールド
メイク: ポール・エンゲレン
ヘアメイク: ケヴィン・アレクサンダー

キャスト
サム・ワーシントン
リーアム・ニーソン
レイフ・ファインズ
ダニー・ヒューストン
エドガー・ラミレス
ビル・ナイ
トビー・ケベル
ロザムンド・パイク


『タイタンの逆襲』
4月21日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
配給: ワーナー・ブラザース映画
http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans2/

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

「ダークナイト ライジング」第2弾予告

ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン監督のダークナイト3部作が、この夏の『ダークナイト ライジング』で最終章を迎える。国内公開は7月28日とまだ少し先になるが、すでに作品への関心が高まっている。
 そうしたなかで、本作の第2弾予告編が国内で公開された。『ダークナイト ライジング』では、ビジュアルや予告編を通じて、少しずつ作品のベールを明かしていくかたちとなっている。今回も物語の一端が明らかになっている。

 映像には、クリスチャン・ベールが演じるバットマン/ブルース・ウェイン、そして今回バットマンの前に立ちはだかるトム・ハーディによるベイン、キャット・ウーマン(アン・ハサウェイ)など主要キャストが次々に登場する。空中を走行するバットモービルなどのメカ、さらに崩壊していくアメフトのグラウンドなど本作の見せ場となる迫力のある映像の一部も観ることが出来る。
 この映像は一足先にiTunesでも公開されている。こちらはわずか24時間で1250万件という膨大なダウンロード数となり関係者を驚かせた。これはiTunes史上最高のダウンロード数記録だという。

 ノーラン監督は本作について次のように語る。「前作『ダークナイト』から8年後という設定で始まる。バットマンはゴッサム・シティを破壊しようとする残虐な殺し屋ベインと対決し、謎めいたセリーナ・カイルの真実を暴くという内容だ。この映画で、ぼくが子供の時に刻み込まれた、ハリウッド映画の壮大さや興奮を映画に取り戻したいと思っている。それを再現することに今格闘をしている。編集はまだ始めたばかりだから、最後にどうなるかといったことは聞かないで欲しい(笑)。本作は夏に公開されるが、きっと素晴らしい体験になると思う。」と語る。
 2008年に公開された前作『ダークナイト』は、全世界興収が10億ドル突破とい桁違いの大記録を打ち立てているだけに、『ダークナイト ライジング』にも大きな期待がかかる。2012年に最も注目される映画と言ってもいいだろう。
『ダークナイト ライジング』
7月28日(土)より丸の内ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト http://www.darkknightrising.jp
公式ファンページ http://www.facebook.com/darkknightrising
ワーナー・ブラザース映画配給

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

トレンド
忍者AD
microad
jlisting
begood
i-mobile
アドガー
アフィリエイト
2012/03/30~2012/06/30
借金返済のご相談なら山本綜合法律事務所 ナイチンゲールの歩き方
2012/04/27~2012/07/28
梅田 内科なら東本内科 狭小住宅なら株式会社匠恵塾
2012/05/11~2012/08/11
レジディア新川なら門仲賃貸ドットコム
2012/06/08~2012/09/08
がんを学ぶ友愛会のがんと食事療法を学ぶ小冊子 三宮の歯科 北野坂鳥居歯科医院 リエトコートアルクスタワーなら門仲賃貸ドットコム 床暖房は珊瑚温水床暖房のイワタコーポレーション 福岡の審美歯科 やまだホワイトクリニック歯科
プルダウンリスト
reach wordキーワード解析
カウンター
Googleチェッカー
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。